2018年11月8日木曜日

実りの秋、収穫の秋 第一弾!


  💛 干し柿
     
      
<我が家のベランダ風景>
今年は、ネットを張らせてもらいました。どこかで見ている鳥さん、
ごめんなさい!

奥と手前で柿の色合いの違いは、初回、2回目、3回目の
干した時期の違いによるものです。

     干し柿作りは、我が家の恒例行事になりつつあります。ご近所の方の
    ご厚意で始まったことでしたが、今では、喜んで食べてくれる人の顔を
    想像しながら柿の皮むきにいそしんでいます。(笑)

     生のままでは到底食べられない渋柿が、天日とこの時期の冷たい風に
    当たることで、甘くおいしく食べられるようになり、かつ、体にいい
    効能がたくさんあるということで、先人の知恵には頭が下がります。

     
<出来上がった干し柿にお茶を添えて>
ハロウィーンの日、利用者のお嬢さんと一緒に
ちらし寿司を夕食に食べました。その空き容器と共に
収穫の喜びを分かち合うことにしました。

      いざ食べてみると、どうもお口に合わなかったようです。

     柿の皮をむく様子や吊るしてあるすだれ状態の柿を見る
    ことで、「干し柿を食べる」という「食の体験・食育」へと
    つながる試みをしたのですが、旺盛な好奇心とは別物でした。

     「五感を培う」というねらいは充足されたかな?と自己満足
    している私です。

     干し柿の食感は、好き嫌いが分かれるところですが、…。
    「美味しいからどうぞ!」と人にすすめることが苦手な私は、
    目下のところ、隣人の息子と遠方にいる娘二人のみにお裾分け
    しました。

     昨年の今頃も紹介しましたが、「泣いた赤鬼」のお話に出てくる
    「おいしいおかしがあります。おいしいおちゃもあります。ぜひ
    あそびにきてください。」と、まさにそんな心境です。

     話が少しそれますが、…。
    10月に開催された、おもちゃの店「クルテク」主催の「保育セミナー」
    に、私はスタッフの一人として参加させてもらいました。
     そこで新たな学びをたくさんさせてもらいましたが、今回、私の中で
    ストンと落ちた言葉があります。
     「ウエルカム」です。

     私たち夫婦が利用者さんと向き合う時につねに心掛けていることは、
    まさにこの「ウエルカム」の心持ちです。お子さんに対しても同じです。
    そんな心持ちでお子さんと向き合うことで、泣いている赤ちゃんが
    ニッコリ笑ってくれる瞬間が、至福の時です。

     余談ながら、「おじいちゃんの方がいい!」という赤ちゃんもいたり
    して、夫は得意顔です。(笑)

     今秋の収穫祭の集大成!
    「美味しい柿を召し上がってください。美味しいお茶もございます。」
    

2018年11月6日火曜日

実りの秋、収穫の秋


  💛 芋掘り
      「○○ちゃん、おじさんの畑のサツマイモを一緒に掘ってみる?」
      「うん!やりたい!」
      「分かったよ。」
      ということで、1週間ほど前、6歳女児の可愛い利用者さんと
      芋掘りの体験を約束しました。

       お天気と予定が整い、遅まきながらのお芋掘りが今日ようやく
      実現しました。9歳男児の孫(学校行事の代休でした。これは
      ラッキーでしたね!)も加わって、夫そして私の総勢4人での
      芋掘りです。

       孫の手?猫の手?…いや、失礼!(笑)
      土にまみれた小さな紳士淑女たちの働きぶりといったら、掘る
      たびに登場してくる土の中の生き物たち(ミミズ、ダンゴムシ、
      幼虫にワラジムシなどなど)の魅力に惑わされることなく、
      次々に顔を出す芋たちとしっかり向き合っていました。

      「わあ、これはでかい!」「よーし、ほるぞ!」と腕まくり。

      「おばさん、携帯ばかりいじっていないで早く一緒にやってよ!」
      と、エール?を送られ、1本取られましたね。(笑)

       4畝ある中の1畝をこの日のために残しておいたのですが、
      想像以上の力を発揮し、頑張る二人の子どもたちからにパワー
      をもらった六十路の私たち二人。

       実りを収穫する喜びやワクワクする心が、子どもたちに大きな
      力を与えてくれたようです。当初心づもりした30分はあっと
      いう間に過ぎて、1時間ほどの芋掘り体験となりました。

       「つぎに私がくるとき、お芋の天ぷらをつくっておいてね!」
      とのラブコールです。

       「えっ?」と思いつつも、
       「はい!」と答えた私は、必要とされる喜びを噛みしめました。
                (笑)

       かぼちゃならぬサツマイモでの「こころほいく」の収穫祭でした。

                   
「あま~く、あま~く、なあ~れ!」と天日干し

でぶイモちゃん10本がすでに淑女と一緒に家に帰りました。
 (1畝分のでぶイモちゃんにちびイモちゃんたちです。)

2018年9月20日木曜日

1年を振り返って


  
  💛昨夜、
    宝塚市にいる末娘のところから3日ぶりに我が家に帰ると、玄関に立った
   その時、甘くかぐわしい香りが柔らかな風にのって私の鼻に届いてきました。
    「もしや…」と近くにいくと、暗い中に、金木犀の橙黄色の花がたわわに
   咲いていました。
    
    今年は少し早いような気もしますが、いつしか季節が移ろいで、秋の足音
   を感じた時です。


 
<我が家に秋の訪れを知らせてくれる花の一つ、満開のキンモクセイです>

我が家の一室に短時間の預かり保育「こころほいく」を開かせて
    いただいてから、かれこれ一年が過ぎようとしています。月日の経
    つのは、本当に早いものです。

     昨年9月よりスタートし、実際に初めての利用者さんを迎えるま
    で、およそ2か月半が長く感じられてことを今も忘れません。そう
    いう意味では、11月14日は記念日です。

     それから10か月、いろんな方からのご縁をいただき、2か月の
    赤ちゃんから5歳までのお子さんをお預かりさせていただきました。
    泣いても笑っても、子どもは可愛いです。特に赤ちゃんは、宝物に
    触れるごとく、大切に大切に触れさせていただいております。

     たくさんの出会いに感謝する日々です。

     最近では、車で片道40~50分かかる遠方の方から利用してい
    ただいております。「遠くからおいでいただき、ありがとうござい
    ます。」と感謝の思いを伝えると、「助かりました。ありがとうご
    ざいます。」とのお言葉。頭が下がります。

     こうして利用してくださる方々があっての「こころほいく」であ
    ることはもちろんですが、私の思いを支えてくれる家族があり、
    応援してくれるスタッフがいてくれるからこそ、これからの2年目
    が迎えられます。本当にありがとうございます。

     金木犀の花言葉は、「謙虚」です。初心を忘れずに頑張ります!
    微力ですが、これからもお子さんとお母さんが安心して過ごせる
    居場所つくりに心をつくしていきたいと思います。

     これからもどうぞよろしくお願いいたします。

2018年8月14日火曜日

子どもとおもちゃ 8


  💛 おままごととキッチン

    
おままごとキッチン(木遊舎製)
引き出しを取り出すと、棚として合体することができる優れものです。
木のぬくもりが温かく、ほっとさせてくれます。
そして、…
お値段がリーズナブルで求めやすいのも魅力の一つでした。

      左側に見えているものが従来使っていた流し台です。
     この流し台で上手に遊んでくれている我がルームの小さなお客さま
     は年長組さんなので、身の丈に合わず小さすぎると承知していまし
     た。子どもの体のサイズに合った大きさ(高さ)のものにリニュー
     アルしたいとずっと考えていました。

      この度ようやくその願いが叶い、(右側の)新しい流し台を求め
     ることができました。とは言っても、我がルームの限られた空間を
     最大限に活用し、かつお預かりするお子さんの年齢などに合わせた
     環境作りをするために、自在に動かせる卓上型のものを選びました。

      そして、その流し台がようやく届いたその日は、小さなお客さま
     が利用する日だったので、まさにタイムリーそしてサプライズにな
     りました。
      見るやいなや、「すごい!やっと来たね。」と大喜びしてくれて、
     私も嬉しかったでした。早速に遊び始めたAちゃんは、「疲れるか
     らこの椅子に座る!」と椅子を出してきました。この時、まだ気づ
     いていない私は、「お母さんは、立ってお料理しているよね。」と
     やんわりと異を唱えました。すんなりと受け入れたAちゃんは、
     自分仕様に小道具たちをレイアウトすると、「これでいい!!」と
     納得して遊んでいました。

      「あとで洗うからここにお茶碗をおいてね。」と、食べ終わった
     食器を洗い場に置いていました。洗い場が広くなったことで、リアル
     な生活感が生まれたように思います。

      さて翌日…。
      環境を整えていて、「位置が高い!」ことに気づかされました。
     60Hの棚の上にあげたわけですから、当然と言えば当然なこと。
     「椅子に座る!」と言ったAちゃんの直感が当たっていたのです。
     「負うた子に教えられて…」ではありませんが、自分がとても恥ず
     かしかったです。
      明日、来たら早速に謝ろうと思います。

      我がルームでは、…。
      どんぐりなどの自然物や花ガラやカラーリング、毛糸などを使い
     見立てて遊んでくれているAちゃんです。まるごと人参やまるごと
     ハンバーグの素材は、あえて使わないことにしています。白い花ガ
     ラは、お米や小麦粉になり時には牛乳になって、お鍋でお料理され、
     ちゃぶ台に並べられます。お互いがそれぞれの役になりきって、
     「お母さんの作ってくれた○○は、美味しいね。」と会話が弾みま
     す。(ちなみに私は、おねえちゃん役です。)
      見立てる力は想像力を培います。この想像力を大切にしたい思い、
     まんまの素材を使わないことが、私のこだわりです。

      ある時には、「クリームのせパンケーキの出来上がり!」とこど
     も園の先生役を演じきっているAちゃん。(もちろん私は、子ども
     役です。)ごっこ遊びでいろいろな役割を演ずることで、その役の
     思いをくみ取り想像し、豊かな言葉をあやつって遊んでいます。そ
     の姿は頼もしく、微笑ましく、思わず笑みがこぼれます。(笑)

      これからの課題は、
     年齢の低いお子さんが口に入れても安心なままごと食材の用意です。
     身の丈に合わせた大きさのお手玉を作りたいと思っています。白は
     ご飯、赤はりんご、緑は青野菜、黄色はバナナ、橙はみかん、黒は
     のりなどなど。色といどりな想像の花が咲きますように!













      

2018年7月31日火曜日

絵本大好き! 8


  💛 「毎日、暑いですね!」が、挨拶の定型文のようなこの頃です。
    
    改めまして、
     暑中お見舞い申し上げます。
    ありきたりな言葉ですが、暑さに負けず元気でお過ごしください。

     そんな中で、たくさんの方々から旬な野菜を頂戴する日々が続きまし
    た。晴天続きの賜物でしょうか?こんな夏も初めての経験ですし、あり
    がたいことです。


なす、とまと、オクラ、じゃがいも、ピーマン、ミニトマト
     ゴーヤ(これは、我が家恒例の作物です。)等々



     この日照りの中での摘芯から始まり、水やりや草取りなど手間ひま
    かけて作られた農作物ですから、一つも無駄にすることなくお腹の中
    に収めたいと思っています。得意とは言えませんが、嬉しい悲鳴を
    あげながらの料理に追われている毎日です。

     なすはピーマンとピリ辛に味噌炒め、あるいは、なすのキムチ漬けに!
    じゃがいもは圧力鍋で蒸し、旨い塩を軽く振り素材の味を生かして食べる
    のが好きです。とまとは生食はもちろんですが、たくさんある時はミキサー
    にかけ、ジュースやスープにしていただきました。

     そのおかげでしょうか?この暑さに負けず元気に過ごしております。
    「おかげさまです。」と、届けてくださった皆さまに心から感謝申し
    あげたいです。
  
   💛 青々とした野菜たちを見ていて、この絵本を思い出しました!
      元気が出る絵本です。

      
『おやおや、おやさい』
石津ちひろ 文 山村浩二 絵 福音館書店 刊

      「きょうは いよいよ マラソンたいかい」と始まり、
      馴染みの野菜たちが登場し、元気にマラソン大会で走るお話です。

              ―文中ー
      「かぼちゃの ぼっちゃん かわに ぼちゃん」
      「えのきの あにきは のんきに あるき」
      「まって まってと トマトの おとうと」
     
       韻を踏んだ言葉遊びが、楽しい絵本です。
    
      子どもが苦手な野菜たちと苦戦している時、こんな楽しいお話
     と共に、無理強いすることなくすすめることができたら、子ども
     も大人も明るい気持ちで食事ができそうです。(笑)

      同じ野菜を描いた絵本でも、本物さながらな写実的表現のもの
     もありますが、この本は言葉遊びの絵本ですから、その内容にま
     さにピッタリの絵だと思います。

      言葉の魔法が威力を発揮することがあります。リズミカルな
     言葉を軽妙に使うことで、楽しみながら豊かな言葉を身に着けて
     くれることでしょう。この絵本には、そんな力があると思います。

      余談になりますが、…。
     言葉を遊び的に使うことで、物事を和らげることをねらう時が
     あります。
      
      3番目の娘には、
      「頑張って!」ではなく、「ガンバルンバ!」と何度エール
     を送ったことでしょう。
      「勝手(いいように)にして!」は、「勝手にシンドバット」
     です。(これは、サザンの歌の題名なのですが)などなど…
      素直な娘は、大人になるまでこの言葉たちが、共通言語だと
     思っていたらしく、母としては「ごめんなさい!」と謝りました。

      頑張っている人に、これ以上の励ましはプレッシャーになる
     かな?でも、頑張ってほしいな。そんな時に使いたい言葉です。

      まだまだ暑い日が続きそうですが、皆さまお元気でお過ごし
     ください。私どもも皆さまに支えていただきながら、元気に
     過ごしております。(合掌)