2018年7月3日火曜日

子どもとおもちゃ 7

 💛 新車?を買いました。
   
(クネクネバーン/ベック社・ドイツ製)
先日、車・飛行機・電車が大好きという1歳後半の男の子を3日間
     お預かりすることになりました。1日のお預かりでしたので、長い
     1日を楽しく、かつ安全に過ごしもらいたいと思いました。
      
      ゛お気に入り“を探すべく、この機会に車のおもちゃを買い求めよう
     と、店頭でしばらく頭を悩ませた結果です。欲しいと思うものが、欲
     しい時に何でも求めることが出来れば、苦労はないのですが、…。(笑)

      遊び方ですが、…。
      トップと段違いに2台の車を配置してやると、カラカラという音を立
     て、全速力で走ります。正しい置き方さえしてやれば、脱輪することな
     く着地してくれます。順番が途中で入れ替わることはありませんが、
     その規則正しく走る様子とカラカラという音が、なんとも心地よく感じ
     られます。ただこれだけのことなのですが、飽きることなく楽しめます。

      さて、A君はそれで果たして遊びを楽しめたのでしょうか。……。
     まず、トップに車を配置することが難しかったようです。何度もなん
     どもチャレンジしていましたが、大人の手が介入することで達成感に
     欠けてしまいました。
      自分が主体となり遊ぶ醍醐味と、大人に手を貸してもらいながら遊ぶ
     のとでは楽しさに格段の差があるのは当然です。
      ましてや、「じぶんで!じぶんで!」のこの時期のお子さんにとって
     は、「NO!」ですね。

      たまたま、2歳後半の男の子と一緒に遊ぶ場面がありました。指先が
     器用になってくるこの時期のお子さんは、見事に遊び込んでくれました。
     この1歳の年齢差と発達の差がこうも大きいものかと今さらながらに痛感。
      遊びの適時性は、やはり大切ですね。

      「これは、〇〇ちゃんの(車)だよ。」と主張しながらも、1台の車
     を譲り合って使う姿もあり、「これ貸してあげるよ。」と小さい子を思い
     やって遊ぶ姿がとても微笑ましく、小さい子が、大きい子を真似ようと
     一生懸命後追いをしている姿も微笑ましいですね。

      結局は、(プラ製の)手押し式のコンクリートミキサー車やダンプカー
     を走らせ、乗り物の絵本『ろせんばす』を仲立ちにしながら、「ばす!」
     と指さしすると、「そうだね。バスだね。」と遊びを共有共感しながら
     楽しみました。

      こうして、わがルームのおもちゃが一つ、また一つと増えていって
     くれることが嬉しいです。(笑)

      そして、この新車がいつか中古車になる頃、きっとたくさんの子ども
     が遊んでくれていることを願っています。

2018年6月12日火曜日

絵本大好き! 7


     💛真っ赤ないちご

  
知人の好意で、大江山の生産者から分けていただいている、
まさに産直の朝取りいちごです。今シーズン最後とのこと
でしたので、ちょっと贅沢にたくさん届けていただきました。
    🍓いちごと言えば、今の季節には必ず読んであげたい絵本の1冊です。

         
「いちごばたけの ちいさなおばあさん」
わたり むつこ さく 中谷千代子 え 福音館書店 刊

       「いちごばたけの つちのなかに、ちいさなおばあさんが
       すんでいました。おばあさんの しごとは、いちごの みが
       なると いちごに あかい いろを つけてあるくことでした。」
       と、この話は始まります。
        ぽかぽか陽気だったある年のこと、春がすぐそこまで来ていると
       思ったおばあさんは、あわてていちごに色をぬる準備を始めるので
       した。

       「まあ、たいへん。(中略)これでは、はなが さくのも まぢか
       だわ! はなが さきゃ みがなるし、みがなりゃ あたしは いろ
       を つけなきゃならないわ。あかい いろが たっぷりいるわ。」

        こうしておばあさんは、いちごの色を作り、土のなかのひゃくだん
       もの階段を上ったり下りたりを繰り返しながら、いちごに色をぬる
       仕事をにせっせと精をだすのです。

        これで、「めでたし、めでたし!」で終わるお話ではありませんが、
       私たちが普段なにげなく食べているいちごに、こんなメルヘンチック
       なドラマがあったら、なんと素敵なことでしょう。

        このお話を読んでもらっている時の子どもたちの目は、まん丸で
       キラキラ輝いていました。いちごが大好きな子どもたちの口からは、
       今にもよだれがこぼれそうな…。

        「ちいさなおばあさん お仕事がんばってね!赤いいちごを
        ありがとう!」と、子どもたちの声が聞こえてくるようでした。

        「あり得ないこと。ばかばかしい!」と、現実を知り尽くした
        大人の人は、冷ややかにいうことでしょう。

        絵本の世界に入ることのできる子どもたちは、自分の体験と重ね
       合わせたり、追体験しながら、わくわくしたり、どきどき感を味
       わったり、喜んだり悲しんだりしながら、優しや強さなど豊かな
       感情を育んでいくのではないでしょうか。

        これが、「絵本の力」だと、私は思います。

    💛「絵本の力」と言えば、
   
        先日放送された、NHKの「プロフェッショナル 仕事の流儀/
       最後の記録 絵本作家かこさとし」という番組を録画で見て、
       加古さんが5月2日に亡くなられたことを知りました。

        「最後まで絵本作家として生き抜いた一人のプロフェッショナル
       の記録です。」としるされています。亡くなられる直前の3月11日
       から4月11日までの1か月間のドキュメンタリー番組で、最後まで
       絵本作家であり続けた加古さんの生きざまが描かれていました。

        死期を見据えながらも、最後の最後まで、「ただ、こどもたちの
       ために」と創作活動の筆をおくことのなかった加古さんだったそう
       です。

        この番組を通して、加古さんの絵本にかける思いや十数年まえ
       から病気と闘いながら創作活動をされていたことや訃報に接し、
       大きな衝撃を受けました。

      

        加古里子さんの作品が500作以上ある中で、ほんの一部だけ
       ですが、私が保育士になった時すでに生まれていた作品ばかりです。
       子どもたちによく読んであげていた人気な絵本たちです。思い出が
       ぎっしり詰まっていて、涙がでそう…です。
        「絵本の力」にたくさんたくさん助けていただきました。

        30年くらい前になりますが、加茂の短大で加古里子さんのお話
       を聴かせていただいたことがありました。メガネの向こうに見える
       まなざしのやさしさと、絵本作りへの熱い思いや子どもへの愛情の
       深さが、今も鮮明に残っています。

        「どうぞ安らかに ゆっくりお休みください。」と天国にいらっ
       しゃる加古里子さんにお声をかけようと思います。

        ありがとうございました。

        

2018年5月18日金曜日

絵本大好き! 6


  🌸近頃
     4月から入園された利用者のお子さん達は、園生活に馴染んでいる頃
    かしらと思っています。俗にいう5月病?ゴールデンウイークの壁は乗り
    越えられたことと信じています。

<アッツ桜>
花言葉は、愛を待つという意味もあるようです。
7,8年ほど前に植えたのですが、しゅうめいぎくや忘れな草
の勢いに圧倒されたのか?ここ数年かくれんぼをしていました。
「わたし、ここにいるよ。見て見て!」と言わんばかりに、
ひっそりとしながらも凛と咲いているのを発見しました。感動です!
      赤ちゃんは、とても正直だと思います。「お腹がすいたよ。」「眠たい。」
     「なんか気持ち悪いな。」などなど、自分のしてほしい関りを求め、泣く
     ことで周りの大人に伝えようとしています。

      普段の赤ちゃんの様子が分からない私のような者には、今の泣いている
     状態が一体どうしてなのだろうと考えます。そして、泣き方からみて、
     「抱っこしてほしいのかな?」「わかったよ。抱っこだね。」と抱っこし
     てみます。ピタッと泣きやむ場合は、「そっか。甘えたかったのね。」と
     納得です。

      ゆらゆら揺られて、うっとりと気持ちよさそうにしている赤ちゃんを
     見ていると、自然に笑みがこぼれます。抱いている大人を信じ、身を
     ゆだねているのです。
      
      なんとも愛おしく、かけがえのないものに感じられます。命の重みが、
     腕の中にずっしりと伝わってきます。

      先日のこと、鳥のさえずりに誘われて出てみると、玄関前の電線に
     つばめが止まっていました。数日前から我が家の周りで巣作りの場所
     を探しているようだと家人が言っておりました。
      
      鳥の世界も人間の世界も同じですね。

   💛赤ちゃんに絵本を読んであげるとき
      
      赤ちゃんが機嫌よくひとり遊びをしているような時には、出来るだけ
     絵本を読んであげたいと思い、月齢に合わせて本選びをします。

       
<なかがわりえこ さく やまわきゆりこ え グランまま社刊>
23年前の講演会で求め、中川さんからサインしてもらったものです。


       「おひさま はんぶん めをあけた」から始まり、
       「おはよう おはよう みんな おはよう」で終わる、わずか8枚
      の紙面に描かれた単純明快なストーリー展開。
   
       ねんねしている赤ちゃんに読んであげるには、ピッタリです。
      やさしい色使いでわかりやすい絵とわかりやすく優しい日本語で
      描かれているのが、何より嬉しいです。

       赤ちゃんのひとり遊びをそっと見守ることも必要ですが、優しく
      語りかけたいとき、言葉のプロの力、「絵本の力」を借りることも
      あります。

       「子どもだからこそ本物を届けたい。」と語っていらっしゃった
      「かさじぞう」(福音館書店刊)の作者赤羽末吉さんの言葉※を思い
      出します。

       じっと絵本を見ている赤ちゃんの表情を見ていると、そんな思いが
      伝わっているように感じます。

       ※赤羽さんは、「かさじぞう」の背景の雪を描くのに、いろんな
        ところの雪を観察し、とことんこだわって雪を表現されていたと
        編集者の方からお聞きしたことがあります。3年ごしに作品が完成
        したとか?
 

2018年4月8日日曜日

子育て 4


  💛門出

     一昨日は、小学校の入学式でしたね。ま新しい帽子を一年生の歩く姿は、
    なんとも微笑ましい限りです。
    「重たいランドセルに負けないで、がんばれ!」と心でつぶやく私です。

    
<裏庭の白木蓮・昨秋は木の中ほどに鳥の巣がありました>
今年も庭の木蓮が花を咲かせてくれました。この冬の厳しさと大雪に
    耐えてくれた木です。白無垢の大きな花びらが、優美であると私は思い
    ます。

     私にとって「白木蓮」と言えば、小学校一年生の春に戻ります。学校
    の廊下から見た白木蓮です。当時、保育園に行かなかった私は、初めて
    の集団生活にちょっぴり不安と期待とが入り混じったような、そんな記
    憶が「白木蓮」と重なります。もうあれから60年近くの歳月が流れて
    いることに、今さらながら驚きです。(笑)

     「門出」と言えば、わがルームを利用していただいた小さなお客さま
    の何人かが、4月から保育園やこども園に入園されるとお聞きしました。
    今頃は、「入園式」を終えられた頃でしょうか。

     「泣きますよね。」と心配されていたお母さまもいらっしゃいました
    ので、「そうですね。」とお答えいたしました。お腹にいる時からおか
    あさんの声を聴き、生まれた時から育った環境とは違う場所、新しい環
    境と人との新たな出会いに遭遇することになる訳ですから当然ですよね。

     「泣くのが当たり前」と思って、ドンとかまえていてくださるといい
    のかもしれません。

     わがルームに来てくださるお客さまも、やはり、泣くお子さんがいら
    っしゃいますが。そんな時は、「そうだね。泣きたいよね。泣いても
    いいよ。」と言葉をかけ、必ず泣きやむことを信じて…。ゆうらゆら
    揺らしながら、お子さんの好きな体勢を模索し、かたわら、歌や場合に
    よっては子守唄をうたう私です。(笑)

     一期一会で出会った小さなお客さまたちが、新しい環境に一日も早く
    馴染んでくれますように、健やかな成長を心からお祈りいたしておりま
    す。

     新たな出会いに心わくわくする4月。
    とは言っても、花冷えでしょうか。肌寒い日が続いておりますので、
    どうぞご自愛ください。

     
大きくおおきく育ったレンギョウ。
ちなみに花言葉は「希望」です。
黄色の花とともに大好きな花の一つです。
  

2018年3月13日火曜日

子どもとおもちゃ 6



  💛 ルームのニューフェイスです。

    🌸回転オルゴール

(ゆっくりと回りながら、優しい音色で子守唄が流れます。)

      最近、ちいさな小さなお客さまが来てくれるようになりました。

     起きている時は目を見て語りかけると、ご機嫌で微笑み返しをしてくれ
    ます。関わる大人が穏やかな笑顔で接することこそが、赤ちゃんにとって
    の最良の環境だとつくづく思います。


     「おなかがすいたな。」「ねむたいよ。」「だっこしてちょうだい。」etc
    赤ちゃんの発信するメッセージを「わかったよ。」と受けとめてやり、
    サインを逃さないようにしながら応答的愛着関係をしっかり作っていきたい
    と思います。

     ねむくなってむずかる時は子守唄をうたい、眠ってしばらくはゆらゆら
    しながら見守る。そんな繰り返しの中で、優しい音色があるといいなあと
    感じる時があります。

     目の前の子どもの姿を見ていると、「こんなおもちゃがあるといいなぁ。」
    と思いながら、おもちゃ屋さんに足を運び、相談して求めて来ます。
     こうやって一つひとつ揃えていくことも楽しく、おもちゃの向こう側に
    遊んでくれる子ども(赤ちゃん)の笑顔が見られることが最高の時です。

     🌸おきあがり人形・キャスパー
       
ゆらすと鈴の音が鳴る起き上がりこぼしです。コロリンコロリン
と優しい音色と愛嬌のある顔がとてもチャーミングです。
      私が、「こころほいくのコロちゃんだね。」と言うと
     「なんにでも名前をつけるんだね。」と首をかしげる孫。
     「そうだね。でも、赤ちゃんと話をする時名前があった方が
     分かりやすいからね。」
    
      「〇〇ちゃん、こんにちは。ぼくは、こころほいくのコロちゃんです。
      どうぞよろしく!」と会話?がはずみます。
     
       じっと見つめている赤ちゃんの顔が、「こんにちは。」と
      答えているようでした。(笑)

       「優しい子どもが育つと優しい社会になりますね。」
       たくさんのことを学ばせていただき尊敬している、ある幼稚園の
      園長先生の言葉です。

       すやすや眠る赤ちゃんの穏やかな顔を見ていると、この言葉が
      頭をよぎります。

     「この子どもたちが育つ未来社会は、穏やかで平和であって欲しい。」
     とつくづく思います。

2018年2月6日火曜日

子どもとおもちゃ 5

  
  💛 おもちゃ

     ルームに電話が入りました!😊


<プッシュするとクッションしてへこんでくれる優れものです。
               木のぬくもりが嬉しいです。>

       定期的に利用してくださる小さなお客さまは、新しく入った
      電話に即、気づいてくれました。子どもの気づきの力にはいつ
      も感心させられますが、環境の変化にとても敏感です。

       ピッポッパッポッ・・
       プルル プルル プルル ♪
      「もしもし、おとうさんですか?」
      「・・・おとうさん!いまなにしているんですか?」
      「ご飯食べているところです。」
      「そうですか。わかりましたよ。」
       目の前にいるお父さん(役)の相手に電話する姿は、まさ
      になりきって遊んでいます。
       いずれにしてもお父さん(役)も大変です。😊

       プルル プルル プルル ♪
      「はいはい、○○です!なんですか?」

       電話がひとつ加わるだけで、こんなにも遊びが発展するとは
      想像した以上でした。受話器を片手にいろんなことをつぶやき
      ます。スマホ時代の中にあっても、子どもにとっての電話は、
      最高の自己表現のツールのようです。

       ピッポッパッポッピッ・・・
      今度は、誰に電話するのかな? 

    💛 片づけ

       お迎えにいらっしゃるお母さんがとても気にされることが、
      散かったおもちゃの片づけのことです。
       「私がしますから、大丈夫ですよ。」とお伝えするのですが、
      やはり気になるようです。そうした気持ちは、大変ありがたく
      感謝しています。

       遊びに熱中している子どもに対して、お片づけの言葉を伝え
      るよりは、限られた時間の中で最大限遊びを楽しんでほしいと
      願っています。

       だからと言って、散らかし放題でいいとは思っていませんし、
      「出したもの、使ったものは片づける」という行為は、本能的
      行為ではありませんので、しつけの一端で身につけていくもの
      だと思います。

       それにはまず、・・・
      綺麗な状態はこうであると「あるべき姿」をモデルとして見せ
      てあげることが大切だと思っています。散かっていることの
      心地悪さを感じてくれるようになったら「良し」です。

       次々に別なおもちゃに手がでるのは、遊びこんでいないか
      飽きてしまっているので、おもちゃの提供の仕方を大人である
      私が考えていくことです。
       興味がなくなったおもちゃはさりげなく片づけ、できる限り
      綺麗な環境で遊んでもらいます。安全管理の視点もあります
      ので、…。😊

       しつけも教育も子どもとの信頼関係がしっかりできたところ
      で進めていきたいと思います。そんな訳で、「片づける」こと
      は、将来的展望であり、課題です。

2018年2月1日木曜日

子育て 3


 💛 映画

「いただきます みそをつくる こどもたち」


     福岡県、高取保育園の1年間を追ったドキュメンタリー映画
    です。西園長の「知育、体育、徳育の根源は食育にある。」と
    いう強い信念のもとに、48年間の保育実践の集大成が描かれて
    いました。
     
     日本の伝統的な和食(みそ汁、納豆、玄米、旬の野菜)を取
    り入れた給食を提供することで心身ともに健康な体づくりの根
    っこを育てる保育の実践です。日々こどもたちの中にあって、
    終始温和な笑顔で接していらっしゃる姿に私は、共感しつつも、
    自分に出来なかったことを思うと頭が下がるばかりです。

     土を踏み裸足で駆け回るこどもたち、竹馬を巧みに操るこど
    もたち、大人の高さ以上の壁をよじ登るこどもたちの元気の源
    は、健康な体です。
     
     毎日食べる玄米をこどもたちが研ぎ、全園児200人分のみそ
    汁のみそは、月100kg。毎月、そのみそを5歳児クラスが仕込
    んでいます。みそづくりの約束事をこどもたち自身が納得し、
    取り組んでいる姿は、保育者指導の「やらさられている」では
    なく、「自分たちで作る」という喜びと自信に満ちていました。

     発酵食品が体にもたらす好循環をきちんとした裏付けと根拠
    のもとに実践し、実績(アトピーの改善等)を出しているから
    こそ、保護者の方々にも支持されてきたのだと思います。

     それを証明するかのように、小・中・高の卒業の節目に高取
    保育園の西園長先生を訪ね、感謝の気持ちを伝えにくる卒園生
    たち。教え子の成長した姿を目にすることが出来るのは、かけ
    がえのない喜びであると思います。

     西先生の年齢が86歳で、48年間の保育生活から退任される
    ことを映画の最後で初めて知りました。86歳になっても変わ
    らぬ保育に対する情熱とこどもへの慈愛に満ちた姿に私は、
    この映画を見て、感動を超えた衝撃を受けました。

     「もう歳だから、・・・。」と自分をここまでと線引きを
    していた私。

     「まだやれる!」自信が湧いてくるような気がしました。😊

     演劇鑑賞もいいけれども、映画鑑賞もいいものだなと思い
    ました。先月の「夜間も やっている保育園」に続き、いろ
    いろな出会いがあってこそ、保育の幅に繋がっていくことを
    実感した1日でした。

     「いい映画ですよ。」と薦めてくれた仲間に感謝です。

     ちなみにすぐに影響を受ける私。翌日の我が家の食卓には、
    みそ汁に煮豆に納豆に寄せ豆腐が並び、熱が冷めないうちに
    玄米ご飯もいただこうと思います。
     
     映画の中でのコメントでどなたかが言ってらっしゃいました
    が、「私にはできない!」ではなく、「自分にできることから
    まずやる!」と。

     そして、伝えていくことでしょうか。