2020年5月19日火曜日

絵本大好き!

  💛思い出の1冊 「のえんどうと100にんのこどもたち」

    
甲斐信枝さく 福音館書店刊
植物こよなく愛する甲斐信枝さんの絵本です。
文も絵の色合いも優しく、自然への愛に満ちています。
    
    ある朝のこと。
玄関で子どもたちの受け入れをしていた私の前に、年長児のRちゃん(女児)が
やって来て、「せんせい、これ!」と手に持っていたピンク色の花を差し出して
くれました。
   「ありがとう!可愛い花だね。」と受け取ると、はにかみながらにっこりうなず
   いたRちゃん。
   
    転勤してきてまだ日が浅かったこの頃。
 声掛けをしても返事がないこともあり、無口でおとなしいRちゃんが、実はとても
 気になっていました。「私のことを受け入れてくれたのかな。」と、嬉しくなりま
 した。

 Rちゃんとの会話がふくらんでいく絶好のチャンスでしたのに、当時の私には知識
がなく、その花の名前を知りませんでした。情けないですね。

 「Rちゃん、ごめんなさい。この花の名前が分からないから、調べておくね。」
と、私は正直に謝ると、Rちゃんは、再びにっこりとうなずいてくれました。

 こんなことがあった数日後、図鑑で調べたりしながら、絵本棚で1冊の絵本と出会
いました。まさにあのピンクの愛らしい花(カラスノエンドウ)が主人公の絵本でし
た。まさにタイムリーな出会いだったのです。
   
    さっそくRちゃんのところに飛んで行き、花の名前を告げると、絵本のページを
   一緒にめくってみました。
   
    「子どもを守りたい!」という(のえんどうの)お母さんの深くて強い愛が伝わ
   ってくる、のえんどうという雑草のたくましさが描かれている絵本でした。

 Rちゃんに、どこまで伝わったかは分かりませんが、1冊の絵本を通して二人の心
が一つになる、「絵本の力」のすごさを感じた瞬間でした。

       
マメ科ソラマメ属の一年生雑草で、
標準和名は「ヤハズエンドウ」というそうです。
キヌサヤのような緑色の豆がやがて黒く熟し、
はじけて種として飛んでいく、たくましい雑草です。
 今、まさに真っ盛り。我が家の庭で伸び伸びと生えているカラスノエンドウたち。
摘んでも、摘んでも後から生え、伸びていくたくましい雑草です。

 Rちゃんとのエピソードを思い出すたび、生きようとする雑草の命を摘むことに
「(摘んで)ごめんなさい!」という不思議な気持ちになっています。
   
    雑草のごとく、踏まれても、踏まれても強くたくましく成長していて欲しいと願
   い、二十数年後のRちゃんの姿を想像しているこの頃。
   
    新潟では、緊急事態宣言は解除されましたが、今までの日常に戻るには長い時間
   と長い道のりを歩くことになりそうですね。

 長い間、子どもと関わる仕事を続けてきて、肌と肌がふれあうことで安心して
泣きやむ赤ちゃんをたくさんみてきました。どれだけ心が癒されてきたこと
 でしょうか。

 今、「大切な人の命を守る行動」の一つとして求められていることが、「人と人と
の社会的距離(2m)を保ちましょう。」ということです。
 
 この言葉を耳にするにつけ、医療従事者の方々はもちろんですが、介護や保育など
の現場で、「人と人とがふれあう」仕事をされている方々は、今どんな気持ちでお仕
事なされているのかと、そのご苦労を察するに余りあります。
 
 ただ、ただ… 敬意と感謝の念あるのみです。

 自粛生活を送りながら草取りに夢中になっていたある日、ふと過ぎし日のことを思
い出していました。 





 

2020年4月13日月曜日

雑感

💛 新たな出発
  
  枕元の窓越しから、通学途上の小学生の話声が再び聞こえてくるようになりました。
 内容は分かりませんが、声が弾んで楽しそうに聞こえます。
 「そろそろ起きなくては…。」と起き渋っている私へのモーニングコールのように
 聞こえてきます。

 ここ新潟では、始業式入学式も終わり学校が再開しました。友だちと遊べるよう
になり、我が家の孫、新5年生もこの解放感の中にいるようです。
<小学校の入学式の頃に咲く、真っ白な木蓮の花>
「気高さ」「崇高」「慈悲」の花言葉のように、
新たな出発をずっと見守ってきてくれた花です。

   「友だちの家に行ってくるね!」と自転車で出かけて行く孫の後ろ姿を見送りな
がら、一抹の不安が常にあります。

 今まで当たり前のようにやっていた日常が、当たり前に出来ない今日。

 緊急事態宣言が発令された7都府県外とは言え、やはり外出の自粛は当然のこと。
3つの密、人との距離を常に意識し、外出時にはマスクを着用し、手洗い・うがい・
除菌に努め、今までにない日常を送っています。

 テレビをつければ、どの局も情報番組では当然、「新型コロナウイルス」の情報
満載です。ただ受け身で情報を取り込めば取り込むほどに危機感と恐怖心が募って
きます。身体の健康維持はもちろんですが、このままでは心の健康を保つことに難し
さを感じるこの頃です。

 そんな中、スポーツ選手や、アーチストや芸能人などの方々がSNSを通し、いろ
んなメッセージや元気が出るようなパフォーマンスなどを動画発信しているのを目に
するのもやはりテレビからの情報です。

 家族用の5枚のマスクはどうにか手作りしてみましたが、…。(笑)

  貯めていたお小遣いを使って、マスクを数百枚作って贈ったという中学生の話を
 テレビで見ました。「自分の出来ることをして、社会の役に立ちたい!」という、
 その心根の優しさに感動しました。

 「じゃあ、私はいったい何ができるだろうか?!」「何をすればいい?」と、
改めて見つめなおしています。
 
  今、
 すべての国民に求められていること、「自分の命と家族や人の命を守る行動をとる。」
 
  まずは、自分ができることから始めようと思います。
 狭い家の庭ですが、昨日までなかった花の芽を見つけて喜び、一日一日表情を変えて
 いく様を見て感激し、ささやかな日常から喜びを探しています。
     
<満開になった雪柳>
忘れずにしっかり咲いてくれました。季節を刻んでくれています。
愛らしい小さな花がびっしりついた枝は、柳のようにしなやかです。
雪が積もったようにも見えますね。

  「お花見に行きたい!」「スポーツジムに行って、体を動かしたい!」「日帰り温泉
 に行ってのんびりしたい!」「お友だちとランチして、たくさんおしゃべりしたい!」
 ぜんぶ、全部今はご法度です!

  我がルームを利用してくださった利用者の赤ちゃんたちは、この春それぞれに保育園
などに就園されると聞いております。ちょっぴり泣くことはあっても、それぞれに新た
な環境に日ごと慣れ親しんでいる頃だと思います。

  我がルームでもそうでしたが、子どもたちの環境への適応力はすごいですね。
 これも生きる力の一つだと思います。

  「お母さまの不安や心配がお子さまの気持ちにも移って、泣かれる場合もありま  
 すよ。」「もし疑問や不安があれば園の先生に相談することが、一番の解決策だと思
 います。」と、お伝えさせていただきました。
 
 こんな時局ですから不安や心配の多い日々かもしれませんが、…。
 お子さまたちの心身共に健やかな成長を心からお祈りいたしております。

<真っ盛りのレンギョウの花>
花言葉は、「期待」「希望」です。
この花のつぼみがふくらむ頃、春の訪れを感じてきました。
  桜の花も満開。花を愛でる春。本当の春が早く来るといいですね。

    この緊急な事態が、一日も早く終息することを心から願っております。

2020年3月11日水曜日

希望の春

 
 
二つの「クリスマスローズ」
早春に咲く花です。名前も素敵ですが、…。
花言葉は、「けなげな」です。下にうつむいて咲く、けなげさが大好きです。
 日本人なら誰もが忘れることのできないあの日から9年、今日はそんな日でした。
今世界中を震撼させているウイルスの影響で行動範囲が制約され、家で過ごすこと
が多くなりました。

そんな訳で、今まではゆとりがなく見過ごしていたことや庭の木々の芽吹き、季節の
移ろいに気づかせてもらっております。自然界は感動に満ちています!

「雪柳」
一足先に咲き始めた小さな花を発見しました。
花言葉は、「けなげなこと・全力を尽くすこと・精一杯頑張ること」です。
春爛漫のこれからが楽しみな花です。

 今日は朝から青空と小雨が交差する空模様でした。
9年前のあの日。時折雪が降る寒い日で、身も心も底冷えする日でした。当時は保育現場ではなく、私は区役所で仕事をさせていただいておりました。新潟でも震度5弱の揺れが断続的に続く中、「怖かった!」という記憶は今でもはっきり残っています。

東日本の被災地で地震を経験された方々にとっては、決して忘れることのない311
であり、「午後2時46分」であろうと思います。

今日は、各地での大掛かりな追悼式典が相次いで中止される中、朝からの報道番組では、9年経過した被災地の様子、そこで暮らす人たちのその後の姿が、写しだされていました。それぞれにそれぞれのドラマがあり、言葉にしがたいご苦労や幾多の悲しみとそして喜びや感動もありの9年間ではなかったでしょうか。

あの未曾有の災害から立ち上がり、前を向いて「生きよう!」とする人々からたくさんの元気と勇気をもらった人は私だけではないと思います。

目に見えないウイルスとの闘い、その影響からくる衛生用品の物流不足、SNSの情報に振り回されて一喜一憂し、「予防!予防!」に明け暮れる日々。そんな今日この頃です。

今日は、利用者さんからのお問い合わせがありました。
その内容は、子どもをもつお母さまたちを不安にしている“コロナウイルス“感染症のことでした。先日の(保育園職員が感染したという事実)報道を受け、より不安が募ったのだと思います。無理もないことと思います。

 現実の問題として重く受け止めつつも、「目に見えないものに恐れおののいていても
仕方がない。」と思っております。「認識が甘いのでは?」とのご批判があるかもしれませんが、「お子さまの大切な命の保障と安全の確保」がいかなる時にも最優先課題です。
 
 このことが危うくなる場合には、その時に最善の判断をするつもりです。改めて、身も心も一層引き締めて保育に携わらせていただきます。

 一日一日と春の陽光が感じられるこの頃。
春の訪れを心から喜び、美しい花を愛でる日が来ることを心から待ちわびております。

 ♪ 春よこい はやくこい 
歩きはじめたみいちゃんが 赤いはなおのじょじょ(靴)はいて
おんも(外)へ出たいと まっている ♪ 
はやくこい ♫


💛古い人間なものですから、こんな歌がぴったりの今の心持ちです。(笑)

「紫陽花」
娘からのプレゼントで我が家に来てから数年経ちますが、
毎年毎年、几帳面に律儀に花を咲かせ、楽しませてくれています。
芽吹いてから一日一日と成長と変化が楽しみです。
雨が似合う花です。その頃には綺麗な花を咲かせてくれることでしょう!
花言葉は、花の色が季節によって変化することから付けられたと言われています。
「移り気・浮気」です。
あの感染症も「移り気」のごとく、「終息」へと移ってください!!

2020年2月16日日曜日

子育て


 💛 「母の友」
   
ー幼い子を持つおかあさん、おとうさんに。子どもにかかわるすべての人に。ー
福音館書店刊
1953年創刊の雑誌です。
2020年1月号は通巻800号記念特集があり、読みごたえ満載でした。

 昨日は、Kさんの旅たちの日でした。雨も上がって、柔らかな春の日差しがさし、
 少し風の強い日でしたが、穏やかな一日でした。
  無事に着いた頃かしらと思いながら、一日を過ごしておりました。

旅立ちの日の直前、Kさん親子がわざわざご挨拶に来てくださいました。子育てしている中で、余裕がなくてイライラすることもたくさんあって、お子さんの話にきちんと耳を傾けてやれない時もたくさんあったと振り返っていらっしゃいました。そんな時、私たち夫婦の存在に「親子でたくさん助けてもらい、ありがたかったです。」と話してくださいました。
 
Kさんの親子が初めて訪ねて来られたのは、平成30年の12月でした。それは、「こころほいく」を開設(30年9月)させていただいて間もなくのことでした。
夜の時間帯でのお預かりは、ケースバイケースで、利用者さんが必要とする時間のご希望に添った結果でした。その時は、まさかこんな長いお付き合いになるとは思ってもみませんでしたけれども、…。

送迎のことや食事のことなどの問題点もありましたが、利用者さんに寄り添い、結果としてお役に立つことが出来て、夫婦共々とても嬉しく思っております。「こころほいく」の立ち上げは、ここが原点だったからです。

「一生けん命やっているのにうまくいかない!」と悩みを抱えているお母さんは、たくさんいらっしゃると思います。
母として、女として、一人の人間としての生き方を考える時に、優先すべきは何で、何が正解であるかは、そうそう簡単に結論の出ることではないですし、子育てに正解などないからです。

「一生けん命やっている自分がいて、あなたはあなたでいいのよ。」と言ってもらえたら、どんなにかほっとすることでしょう。

そんな時にそっと背中を押してくれる人、「もうちょっとここをこうしてみるといいかもしれませんね。」と。
悩んだ時迷った時のヒントがそこにある。
 
  月刊誌「母の友」は、子育てを応援してくれる、そんな本だと私は思います。子育ての専門家や絵本作家だけでなく、いろんなジャンルの、そして多様な考え方を認め合える本であると思います。

  私はこれまで数十年購読してきて、わずか90ページ前後が月1全部読み切れないこともしばしばありますが、興味のあるテーマや自分の知りたい部分を拾い読みするだけでも得るものは十分にあると思います。

  子育て中のお母さんにお薦めしたい1冊、それが月刊誌「母の友」です。

2020年2月9日日曜日

絵本大好き!

 💛贈る本「へいわって どんなこと?」

   長い間お預かりしていたお子さんのKさんが、いよいよ外国に行き、日本を離れる
 ことになりました。寂しいことですが、門出を心からお祝いしたいと思っています。

   心ばかりですが何か記念になるものを差し上げたいと思い、あれこれ考えてみま 
  した。  

  最小限度の身の回り品で出発されるのでしょうから、軽くてかさばらない物でと
 考えました。
 と言っても、絵本が好きな私の心はおよそ定まっていました。
 
 そんなある日。
 朝食を食べながら「あさイチ」(NHKのトーク番組)を見ていたら、その日のゲスト
 が絵本作家の浜田桂子さんでした。金曜日のプレミアムトークショーのゲスト出演で
 した。旧知の人に再会したような、嬉しくてたちまちテレビに釘付けになりました。
 
 浜田桂子さんは、絵本の講演会の講師として新潟にも何度か足を運んでくださって
います。その都度出掛けて行っては、その優しい語り口調と偉ぶらない姿勢に感激し、
買い求めた絵本にサインをしてもらうのが恒例でした。番組中に取り上げられてた  
「へいわって どんなこと?」の絵本もその時に出会った1冊です。

日・中・韓平和絵本
「へいわって どんなこと?」
童心社刊

  
   8年前に参加した講演会で、絵本「へいわって どんなこと?」が完成するまでの
  裏話を伺いました。浜田さんら日本人作家の呼びかけで、中国・韓国の作家との「平
  和絵本プロジェクト」がスタートしたのが、15年前。中国・韓国の人たちとの「平
  和」に対する認識の違いからくる困難さやことば一つについても議論に議論を重ねな
  がら出来上がった一冊だということ。今年の1月に香港で出版され、現地に行って
  子どもたちの前で読み聞かせをしたことなどなど。改めてこの絵本の意義の深さを
  認識させれました。

   この日(プレミアムトークショー)の浜田桂子さんは、お歳をとられてもその人柄
  がにじみ出た優しい語り口は、かつての印象のままだと感じました。「平和」をテー
  マにした絵本を通して、子どもたちにその思いを伝えたいという情熱に秘めた力強さ
  と優しさを感じました。

   こうして1冊の絵本が読み手のお子さんのところに届けられるまでに、たくさんの
  人たちの思いが込められていることなどを知る機会がほとんどない中、この日の放送
  テーマが絵本作家であったことは、とてもいい企画だと思いました。

   かつて参加した絵本講演会の中で、「赤羽末吉さん(※)は、『子どもだからこ
  そ、本物を届けたい。』という思いで、雪の表現ひとつにもこだわり、ていねいな
  絵本作りをされていた。」という話を聞いたことがあります。
 
 (※)「かさじぞう」「だいくとおにろく」「スーホの白い馬」などなど多数の民話・昔話絵本に絵を描かれている絵本画家、絵本作家さんです。
   (いずれも福音館書店刊)

  前置きが長くなりましたが、好きな絵本のこととなるとつい夢中になる悪い癖です。(笑)

   そんな訳ですから、あの番組を見た瞬間にKさんに贈る本は、「へいわって どんなこと?」に決まりました。
へいわって 
ぼくが うまれて 
よかったって いうこと。 
→次ページ
きみが
うまれて
よかったって
いうこと。  と、つづきます。

   活字離れ本離れがどんどん進む今日、未来を担う子どもたちには本の好きな
  子どもに育って欲しいと思います。その入り口が、まずは「いい絵本との出会い」
  だとも思います。いい絵本とたくさん出会うことで、心豊かに育って欲しいです
  ね。

   「いい絵本を届けたい!」

 Kさんはもちろんですが、子どもたちの育つ未来が平和な社会であって欲しい!
   そんな思いをこの1冊の絵本「へいわって どんなこと?」に託したいと思います。

2020年2月4日火曜日

「節分」そして立春


 💛今日は、立春。
  
   暦の上では春ですね。天気も段々と回復し、午後には青空を見ることができ
  ました。心が浮き立つような穏やかな日を過ごさせていただきました。

   そして、…。
  昨日は節分。歳時記を大切にしたいと思いながらも日々雑用に追われことも
  しばしばですが、昨日は夜間お預かりをしているお子さんの来る日でした。
  まさにタイムリーです。機を逃さず、「節分」のセレモニーを計画しました。

にわか仕立ての鬼の面です。
おこりんぼ鬼かな?
右手の赤鬼は、この時期に決まって登場させる赤鬼です。
絵本作家/西村繁男さん(※)の作品で、紙粘土製です。
(※)「もりのおふろ」「おふろやさん」「やこうれっしゃ」
などなど作品多数

   まずは、夕食に「恵方巻」を用意し(商戦に振り回されたくはなかったのです
  が…)、今年の恵方「西南西」に向かい、恵方巻をみんなで丸かぶりして食べ
  ました。
   と言っても、一年生の女の子には少々難しく、途中から包丁で切れ目を入れる
  ことになりましたが。(笑)

   食後は、マスや鬼のお面を一緒に作りました。そもそも制作遊びが大好きな
  女の子でしたので、おばさん(私)のひらめきにうまくお付き合いをして、
  楽しそうに取り組んでくれました。豊かな想像力と創造力に、いつも刺激を
  もらっているおばさんです。(笑)

   そして、いよいよ豆まきの段になり、窓もしっかり開け、…。
  おじさんは、「俺は鬼じゃない!」と抵抗しましたが、役割を交代しながら
  「鬼は外!」「福は内!」と喜々としたひと時を過ごすことが出来ました。

   「歳の数だけ豆を食べる」には、「えっ?おばさん、六十何個も食べるの?」
  ということになり、結局は、それぞれの年齢の下一桁の数だけ食べることに
  なりました。彼女にとって大好きな落花生でしたが、豆の殻を割るという作業
  もあり、7個でも十分に満足感を味わったようでした。

   「そう言えば、去年は○○君(我が家の孫のことです)と一緒に豆まきをした
  よね。」と、昨年の豆まきのことを話してくれました。楽しい思い出として、
  しっかり記憶に残されていたことが嬉しかったです。

   「楽しい!」を一緒に共有した後の千葉産落花生の味は、最高でした。

   週に2~3日そして二年余りの長きに渡り、夜間にお預かりしてきた役割が
  もうすぐ終わろうとしています。外国に移住することが決まり、もうすぐ日本
  を発つことになったからです。

   「寂しくなりますね。」と、ひと言では言い尽くせないものがあります。
  かけがえのない時間だったことを実感するのに、そう時間はかからないことと
  思います。

   一日も早く新しい環境・文化に馴染んで、そのお子さんのらしさを発揮し、
  これからも健やかに成長されることを願うばかりです。

   ここまで大過なく過ごすことができたこと、嫌がることもなく通ってきて
  くれたことに、ただただ感謝するばかりです。

   ありがとうございました。


2019年12月29日日曜日

たくさんの思い

 💛一年の感謝を込めて

  先日、クリスマスの飾り付けを名残惜しみながらも全部外して片づけたばかりです。
 そして、あっという間にお正月を迎える準備を始めることになります。

    
私の大好きな花の一つ
薄紫の「スプレプトカーパス」です。
花言葉は、「ささやきに耳を傾けて」「信頼に応えて」

  歳時記は大切にしたいと思っています。保育園時代はもちろんですが、今は
 利用者さんが、その変化に気づき、心地いいと感じてくださればいいなぁと
 思っています。

  本日、今年最後の利用者さんをお見送りして、無事仕事を納めることができ
 ました。笑顔で帰る親子さんを見送ることができ、ほっとしています。

  おかげ様で、今年もたくさんの方からご利用いただきました。2か月の赤ちゃん
 から、小学一年生までのお子さんを短時間、時には長時間お預かりすることも
 あります。

  たくさんたくさん泣いて自己表現する赤ちゃんもいれば、初めての環境にも
 すぐに慣れてくれるお子さんもいて、当たり前のことですが、それぞれに一人
 ひとりに個性があることを感じます。

  「こころほいく」は、短時間でかつその時だけの出会いの場ですので、願いは
 一つです。お子さんにとって心地よい空間(人的環境も含め)でありたいと願って
 おります。泣いて過ごすよりは、少しでも笑顔で過ごしていただければ幸いです。

  これからも一人ひとりのお子さんの個性に寄り添いながら、安全にそして
 お母さまの安心に繋がるような保育に努めさせていただきます。

  今年一年のご愛顧に感謝すると共に、新たな年令和二年もどうぞよろしく
 お願いいたします。

  余談ですが、…。
 休日に娘が保育に関わることがあるのですが、その時にいつも思います。
 お子さんは、みんな若い娘(人)が大好きだということです。もちろん娘も
 子どもが大好きです。若さ…こればかりは私がどう頑張っても叶わないことですね。(笑)